カテゴリー

2016年03月13日

玄風館バンコク本店

数ヶ月前から世界旅行に出ていた友達が、南米コロンビアのメデジンから3日かけて、バンコクに会いに来てくれました。
積もる話もそこそこに、せっかくだから福岡の焼肉店の雄「玄風館バンコク店」に行く事にしました。

IMG_0671.JPG


アソークのターミナル21に行けば、大概の日本外食産業はあるし、トンローやプロンポン辺りは駐在さんが多く住んでいるコンドミニアムがたくさんあるので、これまた日本食に困る事はありません。

IMG_0675.JPG


しかも玄風館バンコク店では、日本から週2回直送されてくるユッケやレバ刺しも食べられるのです。
店内の雰囲気や客層も、とてもバンコクとは思えない日本風。
もちろんタレの味も忠実に再現されているし、値段も福岡で食べるより安いかも。

IMG_0674.JPG


お肉のセットとご飯とかスープとか頼んで二人で6,000円くらいでした。
バンコク店の近くには2号店のトンロー店があります。

IMG_0676.JPG


もしお近くに行かれたら是非!
posted by フミオ at 00:00| 2016年3月9日〜16日バンコク〜パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

スクンビットのぼったくり路上屋台

深夜まで遊んで、ホテルへの帰り道に腹が減りました。
スクンビット通りの北側歩道は、深夜になると路上BARや本格タイ料理を出す屋台が所狭しと並んでいます。

IMG_0658.JPG


サクッとソムタムをお持ち帰りで食べようと思い、2月に食べたおばちゃんとは、別の兄さんがやってる店を選びました。
スクンビットsoi11とsoi11/1の間です。

IMG_0657.JPG


まぁ、50THB位だろうと値段を聞かずに頼み、出来上がって聞いてみると100THB!
ボラれた!50THBも!
すでに円換算できず、物価価値をバーツで生活しているボクには、50THB違うってのは由々しき問題なんですよ。
50THBは160JPYくらいですが、50THBあればタイ風ラーメンのクイッティアオが食べられるし、
小腹を満たすだけでいいなら、2回分はあるんですよ!
やはり50THBは実勢価値では500JPYに等しいですね。
500円のラーメンを1,000円って言われたら、誰だって腹がたつでしょー!

「ペェーン(グ) ! マーク パァ⤴︎イ!(高ーい)」と抗議すると、「じゃ、80THBでいいよ!」と、お兄ちゃん。
80THBでもお高いですよ(笑)
あまり値切り行為は好きじゃないんですけど、倍は高すぎでございましょ!?
あぁ〜ボクも20THBを値切る人間になってしまった。

さて、味の方は・・・
バンコクスタイルのあっさり味。
これで80THBも払うなら、ちょっと先のイサーンスタイルのおばちゃんの方がよかったな。
もうこれからはsoi9とsoi11の間のおばちゃんから買おう!

IMG_0659.JPG


丸いのはサイクローと言うソーセージみたいなの。
プリッとして、ソムタムによく合いますね。
1串10THBで3串分

スクリーンショット 2016-03-31 18.58.15.png
posted by フミオ at 03:12| 2016年3月9日〜16日バンコク〜パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

ブーン トン キアット カオマンガイ ハイラム

夕方、トンローのスクンビットsoi55辺りをうろついていると、ローカルの食堂を見つけました。
表にはアヒルの甘煮が調理されており、カオマンガイやカオナーペッを出す店のようです。

店内は典型的な地元食堂風。
土地柄、外国人客も多いようですが、タイ語しか通じませんでした。

ボクが注文したのはカオナーペッのS100THBとカオスワイ30RHBとコーラー60THB。
タイではコーラと言うと通じません。コォーラァーと伸ばす音にアクセントをつけると通じます。

IMG_0652.JPG


IMG_0649.JPG


タレが甘くてスターアニスもほんのり効いてて、アヒルはクセもなく、ご飯にかけて食べるとかなり美味しいですね。
スープはサービスでしょうかね?これも美味しかった!

ブーン トン キアット カオマンガイ ハイラム
posted by フミオ at 17:00| 2016年3月9日〜16日バンコク〜パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wi-Fi

タイでは、カフェやマッサージ店ではFreeWi-Fiが当たり前です。
しかし、ネットでタイムリーな情報を拾いたい時に限って、Wi-Fiが拾えない事が多いです。

例えば路地裏で道に迷って現在位置を知りたい。
が路地裏ゆえWi-Fiがない。道を聞こうにも、タイはタイ語しか通じない。
地図を見せても、この辺にいる人は識字率が低く文字が読めない。
なんだかんだで、かなりの時間をロスするわけです。

タイでしか使わないシムフリーのスマホを買うには高すぎるので、
2年前にポケットルーターを買う事にしました。
と、言ってもどこで売ってるかわからないので、とりあえずサイアムにあるタイの秋葉原マーブンクロンに行く事にしました。
行ったはいいけど、ビル内がまとまりなく、何がどこにあるのやら・・・

何度も訪ねてやっとアラブ人のお兄ちゃんがやっている売り場でAISの3Gルーターを見つけました。
今はバンコクも4Gが主流のようですが、2年前は3Gしか無かったようです。
ルーターとシムと30日分(滞在が約3週間だったので)の料金で約7,000円でした。

IMG_5811.jpg


その後はこのルーターが大活躍。
地図も翻訳も情報も国際通話も全てOK!
空港について、キャッシュを手に入れたら、次はAISのカウンターに行って、シムチャージがお約束になってます。
でも、荷物にもなりますので、次回は今のiPhoneを国内でシムフリーにして、向こうでシムを買おうと思います。


IMG_0621.JPG


IMG_0622.JPG


ちなみにマーブンクロンのあちこちの店にLockfree(脱獄)300THBの文字があります。
posted by フミオ at 00:00| 2016年3月9日〜16日バンコク〜パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

キャッシュ

スワンナプーム空港に着いたら、まずやる事はキャッシュとWi-Fiを手に入れる事です。

2012年に初めてタイに行った時は10,000JPYを両替すると3,850THBあったTHBは、2015年3月に行った時は2,600THBまで落ち込み、1年後の今回2016年3月は3,100THBまで上がってました!

10,000JPYで500THB違うと、現地での生活がかなり変わってくるんですよね。
例えば食事も路上の屋台で食べれば、カオパット(焼飯)やパッタイ(焼そば)はクイッティアオ(タイ風ラーメン)は一皿40〜50THBくらい。
タクシーは初乗り37THB
スクンビットsoi4くらいから、スワンナプーム空港まで小1時間乗ったとしても、高速代込みで400THBは超えません。
善良なタクシードライバーに当たったとしてですが。

IMG_0684.JPG


為替相場では、100THBのものを買う時は3倍ちょっとで計算すればいいのですが、
実社会においては10倍の差があると思います。
わかりやすく言えば、100THBのチップを渡した時の笑顔が、ボクらが1,000JPYもらった時の「え?1,000円もらっていいの?」って感じの笑顔と同じなんですよね。
100THBあれば、2回はご飯たべれますからね。
路上で売ってて、腐ってるかもしれないし、量が少なくて持ち帰りでいいなら、多分20〜30THBでもあると思うんですよね。

あ、脱線しました。スミマセン。
ボクは現金たくさん持つのは、あまり好きではないので、いつもVISAカードのキャッシング。
1回の取り引きにつき、手数料が200THBかかるのと、1日の引き出しが20,000THB制限はありますし、多少の金利も付きます。
ですが、何十万と両替するわけでもないし、多額のキャッシュを持って回ったり、ホテルに預けたりする方が気を使いますね。
以前、10,000THB降ろそうとして、間違えて100THBと押してしまい、100THBに200THBの手数料を払ってしまいました。
この時の200THBは本当に悔しかった!200あったら少なくとも3回はコーラ付きでご飯たべれますからね!
200THBって言ったら、現地の実生活では2,000JPYかー。やっぱ高いなー。
タグ:thai バンコク
posted by フミオ at 00:00| 2016年3月9日〜16日バンコク〜パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする