カテゴリー

2008年01月07日

宗像 カレーの店 路(みち)

すでに中毒状態のSHIP’S LOGへ。
初売りは4日、5〜6日は休んで、7日から店を開けると聞いていたのだ。
4日は来れなかったので、今日を楽しみにして、ヨーグルトまで飲んで来てみたら・・・これだ。
2008_0107_122642AA.JPG

もう・・・腹が立って、腹が立って、こっちゃ通りすがりじゃないんですよ。
楽しみにしてわざわざ来てるのに、こうもあっさりと・・・。

グスン(泣)

いや・・・待てよ。前の例もある。13:00位から開けた事もあったっけ。
ダメ元で電話してみると・・・出た。

が、「今日は休みです。」と愛想ない返事。
ガックシ。
「もう来てやらん。」と思いつつも、なんか・・・悪い女に引っかかった気分だな。
どんなに虐げられて、悲しい思いをしていても、次に会う時には花を携え、最高の笑顔でお迎えに向かうバカな男・・・フミオです。
しかし女で傷ついた心は女で、カレーで傷ついた心はカレーでしか癒せん。

と、こんな時こそあの宿題店に向かうのだ。
その名は「路」宗像市の三号線沿いにある店だ。

黒門に向かう道すがら、いつも前を通っていて気にはなっていたけど、ここまで来れば黒門は目と鼻の先。
カレーで腹を満たすわけにはいかん。と、思いながら幾数年、今日こそ行ってみるしかない。
待ってろよ、ミッチー!!ヒーヒー言わしてやるからな!!

一人で向かうには、結構な道程を乗越え、たどり着いたカレーの店路。
勝手のわからない店内はほぼ満席。どの席も微妙に空いていないので、
相席を願おうと思い店内を見渡すと券売機。

あぁ・・・ここは券売機なのね。
なんか解りにくいので、ビーフカレーにする。店内は簡単な内装で、書棚には古ぼけたコミックに、80年代のポップスが、和洋問わずに鳴り響いている。

そして出されたビーフカレーはこれだ。
2008_0107_134929AA.JPG

かなり煮込まれたと思わせるルーに繊維質が残る肉の欠片。
店内には「和牛のみ」とこだわりの貼紙。ルーの量も結構ある。
早速、一口いただくと、うまーーい!! いやウママママーーーイ。
何が煮込まれたのか解らんけど、ザラッとした舌触りにカレーのいい匂い。
もともとボクは、カレーならスパイスがフレッシュなのが好きなので、
できればこのカレーにスパイスがビリッと効かせて食べてみたい。

店の雰囲気といい、味具合といい、思わず包丁人味平の新宿カレー戦争を思い出してしまった。
中辛やからそんなに辛くないけど美味い。卓上の福神漬けやらっきょうがよく合う。
この味は日本人なら好かん人はおらんやろう。
メニューを見ると少な目のポーションもあるようだ。
これなら黒門の前にちょい寄りしてもいいかのう。

あぁ・・・また入れ揚げてしまいそう。
posted by フミオ at 13:49| 福岡 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする