カテゴリー

2008年01月10日

いかめし

職場が、賄い用にイカをもらったので、いかめしにする事に。
普段は賄いから避けるようにしているのに、この時ばかりは仕込みに口は出すけど手は出さん。
一杯30cm近いものもあるので、こりゃ出来上がりが楽しみですねぇ。

ワタを抜いたイカにもち米を詰めるんやけど、おばちゃんたちは詰め込みすぎ。
中の7割は多すぎ。5割くらいで十分やと思うな。
2008_0110_111736AA.JPG 2008_0110_112353AA.JPG

もっと減らさんと、せっかくのもち米がゴッチンになったり、イカが避けたりするのだ。

味付けの方はおばちゃんの勘に任せる。
職場で一番大きな鍋に薄口醤油を一升瓶でドボドボ、ワンカップの酒をドボドボ、キザラメを1キロ袋からザァーーーッ。
細かいレシピなんかありゃしない。全ておばちゃんの目分量です。
2008_0110_114730AA.JPG

強いてコツを聞けば、コツはイカの向きを互い違いに入れて、不要な隙間をなくし、タレの対流を均等にする事らしい。
けど、炊いてたら、泳いでるがな。
あとは落し蓋で適当に炊き上げる。全て適当だ。
途中で味を見て、またザラメをザァーーーッ!!
2008_0110_152025AA.JPG

出来上がったいかめしはやっぱりもち米が多かった分は破裂しているな。
ちょっと味見するとウホーー、こりゃ美味い。
2008_0110_193128AA.JPG

うちの分け前は2杯分。晩飯に早速頂く。時間がたつとイカが固くなるけど美味しい。
ボクはもち米が好きなので、この手のものには評価が甘いのだ。
あんだけ適当な味付けなのに、かなり美味しいですよ。こりゃ売りモンになるな。
しかし・・・すき焼きするのにあれだけ繊細な分量を量っているのに、
同じ材料で適当に混ぜるだけでこんだけ美味しいとはイヤになっちゃうな。

残ったタレで里芋とゲソを炊く。これまた美味し。
2008_0110_214208AA.JPG

デザートはY嬢とロイヤルのいちごパフェー。
posted by フミオ at 19:00| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする