カテゴリー

2008年09月11日

ハイブリッド駆動用バッテリー交換

ハイブリッドに乗っていて、頭を痛めるのは、いつかやってくるであろう・・・駆動用バッテリーの交換。
(ハイブリッド車には、アクセサリー用バッテリーと駆動用バッテリーがあります。)
まだプリウスしかなかった頃は、駆動用バッテリーを交換するには、何十万もかかると聞いていた。
プリウスも2世代目も完熟され、来年にはフルモデルチェンジが予想され、駆動用バッテリーも小慣れた値段になったとは言え、アルファード用は30万弱はするらしい。

ボクの車も、11月の初回車検を目前に、90,000キロを越えてしまった。
メーカー保障の10万キロが切れる前に、不具合部分はディーラーに相談しとかないかん。

今年の春から気にかかるのは、駆動用バッテリーの充電がスッカラカンになること。
エネルギーモニターでバッテリーの充電容量を見ると真っ白だ。

この症状が出る時には、ほとんど決まった条件がある。
エアコンをつけて、時速40キロ前後でバッテリー走行した時だ。
充電がないと言う事は、低速走行をアシストするモーターが動かない。
と、言う事はエンジンで走るんやけど、時速40キロ前後で3キロほど走り、
一度停車して再出発する際に、低速トルクが全く出ないのだ。
普段だと、スタート時はモーターで四輪を回すから、3トン近い車体を意外なスピード感で加速していくんやけど、エンジン単体はギア比が、
高速に設定してあるようで、低速ではアクセルを踏んでも踏んでも、亀が這うような加速しかしない。
特に警告灯の点灯はない。

それでも時速50キロくらいまで引っ張ると、エンジンのトルク域に入るのか?スピードが乗ってくる。
こんな状態がまだらに3回ほど続いたある時、エネルギーモニターを見ると、4段階あるバッテリーの容量が0になっていたのだ。
たぶん0ではなく25%以下と言う事だろうけど・・・。

これはおかしい。
と、言えども、間もなく10万キロ。バッテリーもヘタっておかしくない。
いわゆるバッテリーのメモリー効果だ。
どうしたものか?と思い、ディーラーに相談してみたところ、入庫して診断となった。

コンピューター診断の結果では、ハイブリッドコンピューターが出す充電指示信号と実際にバッテリーが充電している量に開きがあるそうだ。
その開きが問題のようで、バッテリーの寿命なのか?故障なのかわからないので、バッテリーをメーカーで調べてみるそうだ。

と、言う事を、グラフや様々な数値を見せられながら説明を受けた。
もちろんボクの顔は険しい表情だ。

そして整備担当者からステキな言葉のプレゼント・・・「無償で」
今までの小難しい話で辟易し、怪訝な表情で「えぇーーーっ」と言う表情をしていたくせに、テーブルの下で拳を握り締め「ゲッツ!!」

しかし大変だったのは、整備担当者の前では、出ない症状を如何に解りやすく説明するかだ。
下手する主観をいれて話すと、上手いこと言いくるめられてしまいかねんからね。
今回、担当してくれたサービスマンは、かなり勉強熱心な方で、
ボクが言うている事を根拠に、かなり熱心にハイブリッドを勉強されたようで、もしも預かっている間に解らなかったら、実際にボクの走行パターンに同乗してみるつもりだったらしい。

しかし車にコンピューターが付いているとは知っていたけど、
普段どんな乗り方をしているか?の、データのログを取っているとは知らなんだ。
ボクが訴える普段の乗り方と、ログに出るデータが重要なファクターだったようだ。
もし口では「飛ばしません、急ブレーキ踏みません。」と言っていて、
ログにサーキット並みのデータが出ていたら、バッテリーの件もファンタジーで終ってたかもしれん。

ちなみに、7月にはカーナビのディスクのイジェクトボタンが、反応しなくなってユニットごと交換。
タイヤも今までに4本1セットとするなら、2セット交換した。
ローテーションしてても約45,000キロで1セット交換やな。
キロ数は整備ノートを見ないと解らないけど、最初は2本、その後2本、でこないだの7月に4本。
この時の後ろ2本はもうちょっと持ちそうだったけど、交換時期を推定すると、11月の車検と被りそうだったので早めに。
1本が20,000円強するから、重なると痛いんですよね。

痛いと言えばタイミングベルト。
今までの経験で言えば10万キロで交換で、費用は最低でも10万円。
前に乗っていた車は、「一緒にウォーターポンプも変えた方がいい。」と言われ12万くらいは払ったはず。

交換時期と車検が重なりそうなので、いくら位かかるか聞いてみると・・・
「最近の車には、タイミングベルトはありませんよ。」との事。
聞けばベルトではなく、チェーンになっているそうだ。
「だから交換もない」と嬉しい誤算。
へぇ〜、昔はチェーンで、それからベルトになったはずやけど、チェーンも進化したっちゃろーねー。

駆動用バッテリーもこの3年で進化して、容量と出力もアップしとらんかいな?
走りがどう変わるのか?楽しみ。
posted by フミオ at 00:00| 福岡 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
うちのプリウスもまもなく5年がやってきます。
バッテリーもそろそろ交換時期かなあ?
と思ってました。

フミオさんの内容、参考にさせていただきます。
Posted by だんなちゃん at 2008年09月13日 11:16
うちのルンバはまだ走行距離が100km行ってないので
バッテリー交換はまだ先のようです
エアフィルターは1年で交換しました笑
Posted by ぺだる@mixi at 2008年09月13日 13:11
>だんなちゃん
こちらこそご無沙汰です。
確かU型のプリウスですよね?だとしたら、エアコンはインバーターらしいから、そんなに駆動用バッテリーに影響はないそうですよ。
うちのはエアコンは駆動用バッテリーを使うので、この夏に一気に悪くなった気がします。
でも3〜5年で交換で数十万もかかるバッテリーって、全然エコじゃないですよね。

>ぺだるさん@mixi
ルンバはやはりハイオクですか?(爆)
Posted by フミオ at 2008年09月18日 23:33
で、どうですか?
結果良くなりました???

記事楽しみしていま〜す!!!
Posted by zoro at 2008年10月26日 23:05
>zoroさん
ご無沙汰です。
結果は更新をお楽しみに・・・。
Posted by フミオ at 2008年10月28日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。