カテゴリー

2016年02月16日

ナントラスクンビット39ホテル

パタヤからバンコクスクンビットに移動してきました。
移動の足はパタヤで知り合ったバイタクのおじさんの車。

通常1,000THBではパタヤ→スワンナプーム空港間の料金なんですが、
なんだかんだ言ってスクンビットsoi39まで乗せてきてくれました。
途中のドライブインでは、水も買ってくれました。
いい人だわー。

今回のホテルは、BTSプロンポン駅から歩いて数分のナントラスクンビット39ホテル。
厳密に言うとSoi37から39に抜ける道。
いつもホテル予約サイトagodaで予約しているのですが、
今回は予約の時に、最初に1泊取り、その数日後に2泊目を予約しました。

1泊から2泊に変更した変更確認書がagodaからホテルへ届いてないようです。
チェックイン時にオカマのフロントマンは「1泊しか予約がない。2泊目は満室で部屋がない。」の一点張り。

もちろん、ボクが持っている2泊分のバウチャーを見せましたが、
我関せずと知らんふり。意地が悪いことこの上なし。

しかし、こう言うトラブル時でもagodaは心強いですね。
サイト内に日本語対応のヘルプデスクの電話番号があり、Skypeでデスクに電話してイケズなオカマに、2泊目の予約も通してくれました。
って事はagodaの予約確認書ってホテルには、前日にしか来ないのかな?
だとしたら、オーバーブッキングとかありえない話じゃないですね。

さて、最初から印象の悪いナントラスクンビットですが、
部屋に上る際のエレベーターのボタンが感度が悪い。
タッチパネルになってるんですが、色んな角度で触っても反応しないし、セキュリティーがあるわけでもない。
5分ほど悩みましたが埒があかず、フロントに戻り先ほどのイケズオカマにヘルプを求めました。
声をかけても、パソコン画面を見たまま、こちらを見ずに、人差し指を上げ「just moment」
普通はお客様にはcould you weit〜じゃないんですかね⁉︎
ほんと、ムカつくヤツです。朝青龍みたいな顔しやがって!
不細工なオカマってだいたい性格悪いですね。
やっと面倒臭そうに立ち上がり、エレベーターのボタンを何度か親指の腹で滑らすように触ると反応。
その後も宿泊中は、何度もここで足止めをされることになるんですが。

部屋の方は白を基調としたスタジオタイプ。
狭くてスーツケースはベッドの上でしか開けられません。
清潔さはあるけど、部屋の隅を見れば、壁と床にかなりの隙間があり、下のコンクリートがむき出しになっているのが見えます。
相当な安普請ですね。

一応、大きな窓はありますが、外は荒廃としたがれき置き場。
シャワーの温度や湯量はまぁまぁやし、エアコンもよく効くし、
立地も悪くないんで、寝に帰るだけやから1泊3,000円ちょっとならいいかな。

でも、ここじゃなくても、他にもいいホテルあるんじゃないかな?
紹介する力が入りませんので、写真はネットで検索してください。

スクンビット通りもsoi30〜以降の偶数筋辺りは、日本人も多く住んでいるようで、ラーメン屋やうどん屋やカジュアルな居酒屋もたくさんあります。
posted by フミオ at 00:00| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする