カテゴリー

2016年03月07日

サタスコート1

今回、パタヤまでやってきたのは、友達と「パタヤビーチで乾杯しましょう!」との約束を果たすため。
前泊をバンコクで取ったので、パタヤまではスワンナプーム空港から出ている、ベルトラベルのバスに乗ってきました。

BTSエカマイ駅の近くにバスターミナルがありまして、そこから乗ると140THBくらいで行けるんですが、予約が取れないんですよね。
無駄な時間を使いたくないので、空港まで行かないといけませんが、予約のできるベルトラベル通称ベルバスに乗って行きました。片道240THB

前回はパタヤビーチに近いところにホテルを取ってたんですが、このホテルが友達のオススメやし、
海からビーチロード→セカンドロード→ソイブアカオと下がりますが、生活費の安いブアカオに行ってみたい事もあり、友達と同じホテルに泊まる事にしました。

サタスコートと言いますが、現地ではスタッコートと言わないと通じないでしょう。
ホテルは1〜5まで分かれているようで、ボクが予約した時は1のトリプルルームしか空いてませんでした。
と言っても1泊4,300円くらいですが・・・ブアカオで4,300円は結構高級かもしれませんね。

ホテルの前はSoiブアカオ。
soiと言っても車の往来はかなり多く、道沿いにも安い食堂やカフェマッサージ屋が並んでいます。
ブアカオを南に下ると、100THB/1hのマッサージ屋も並んでいますし、その先には大きなマーケットもありました。
歩いて数分の所には、最近注目株のナイトスポットLKメトロもあり、これはかなり便利ですね。

スクリーンショット 2016-03-05 22.48.55.png


部屋の方は明るいバルコニー付きのトリプルルーム。
窓の外には海は見えませんが、眺めはいいです。

IMG_9404.JPG


IMG_9408.JPG


エアコンの効きもいいし、シャワーの水圧も温度もいい。
フロントスタッフもフレンドリーやし値段も安い。
言う事ありませんね。

IMG_9405.JPG


IMG_9406.JPG


一つ難を言えば、部屋にセーフティーボックスがないので、フロントに預けに行くとフロント裏に木製の下駄箱のようなのがズラリと並んでいました!

IMG_9411.JPG


ホテルの裏にはレンタルバイク屋もあり、これも好印象でした。
パタヤは他にも泊まってみたいと思いますが、ここは間違いなく定宿候補入りですね。







posted by フミオ at 00:00| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

スクンビットsoi11 イレブン アベニュー スイーツ

パタヤで友達と待ち合わせ。
直行で向かっていってもよかったんだけど、バンコクで一泊する事にしました。
ホテルはスクンビットsoi11にあるイレブンスイーツ。
1泊税サ込み込み3,227円でした。

スクンビットsoi11は何をするにしても便利ですね。
ホテルの向かいの床屋は、洗濯屋の取り次ぎもやっていますし、路上屋台や飲食店も立ち並びとても便利な通りです。
夜になると歩道には出店も出現し、お土産を買うにも冷やかして回るにも楽しいですね。

IMG_9385.JPG


666251_14070709210020165508.jpg


ホテルの方は寝るだけだったので、あまり印象はないのですが、と、言う事は悪い印象もない。
って事ですかね。

バスルームの写真はagodaからお借りしました。







posted by フミオ at 00:00| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

ナントラスクンビット39ホテル

パタヤからバンコクスクンビットに移動してきました。
移動の足はパタヤで知り合ったバイタクのおじさんの車。

通常1,000THBではパタヤ→スワンナプーム空港間の料金なんですが、
なんだかんだ言ってスクンビットsoi39まで乗せてきてくれました。
途中のドライブインでは、水も買ってくれました。
いい人だわー。

今回のホテルは、BTSプロンポン駅から歩いて数分のナントラスクンビット39ホテル。
厳密に言うとSoi37から39に抜ける道。
いつもホテル予約サイトagodaで予約しているのですが、
今回は予約の時に、最初に1泊取り、その数日後に2泊目を予約しました。

1泊から2泊に変更した変更確認書がagodaからホテルへ届いてないようです。
チェックイン時にオカマのフロントマンは「1泊しか予約がない。2泊目は満室で部屋がない。」の一点張り。

もちろん、ボクが持っている2泊分のバウチャーを見せましたが、
我関せずと知らんふり。意地が悪いことこの上なし。

しかし、こう言うトラブル時でもagodaは心強いですね。
サイト内に日本語対応のヘルプデスクの電話番号があり、Skypeでデスクに電話してイケズなオカマに、2泊目の予約も通してくれました。
って事はagodaの予約確認書ってホテルには、前日にしか来ないのかな?
だとしたら、オーバーブッキングとかありえない話じゃないですね。

さて、最初から印象の悪いナントラスクンビットですが、
部屋に上る際のエレベーターのボタンが感度が悪い。
タッチパネルになってるんですが、色んな角度で触っても反応しないし、セキュリティーがあるわけでもない。
5分ほど悩みましたが埒があかず、フロントに戻り先ほどのイケズオカマにヘルプを求めました。
声をかけても、パソコン画面を見たまま、こちらを見ずに、人差し指を上げ「just moment」
普通はお客様にはcould you weit〜じゃないんですかね⁉︎
ほんと、ムカつくヤツです。朝青龍みたいな顔しやがって!
不細工なオカマってだいたい性格悪いですね。
やっと面倒臭そうに立ち上がり、エレベーターのボタンを何度か親指の腹で滑らすように触ると反応。
その後も宿泊中は、何度もここで足止めをされることになるんですが。

部屋の方は白を基調としたスタジオタイプ。
狭くてスーツケースはベッドの上でしか開けられません。
清潔さはあるけど、部屋の隅を見れば、壁と床にかなりの隙間があり、下のコンクリートがむき出しになっているのが見えます。
相当な安普請ですね。

一応、大きな窓はありますが、外は荒廃としたがれき置き場。
シャワーの温度や湯量はまぁまぁやし、エアコンもよく効くし、
立地も悪くないんで、寝に帰るだけやから1泊3,000円ちょっとならいいかな。

でも、ここじゃなくても、他にもいいホテルあるんじゃないかな?
紹介する力が入りませんので、写真はネットで検索してください。

スクンビット通りもsoi30〜以降の偶数筋辺りは、日本人も多く住んでいるようで、ラーメン屋やうどん屋やカジュアルな居酒屋もたくさんあります。
posted by フミオ at 00:00| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

パタヤ ビーチロードsoi8 フリッパーロッジ

2度目のパタヤ
前回、泊まったイースティニーインも良かったけど、もう少しグレードアップしたホテルも探してみたいと思いました。

アゴダのサイトでマップ検索してみると、同じ通りsoi8のビーチに近い方にフリッパーロッジを見つけました。
料金はダブルスーペリアシービューで一泊5,000円くらい。

299008_14080709130020870045.jpg


部屋は広いし、シャワーはバスタブなしの給湯式、湯量はいいですが温度がちょっと温めかな。
シャワーの温度が低いのは、タイのホテルの仕様なのでしょうがないですね。エアコンもよく効いてます。
ボクの部屋は角部屋だったので、窓が二面あり、小さな方はナンクルア方面、大きな方はピタヤビーチが一望できる部屋です。

299008_14041515310019079084.jpg


アゴダの利用者レビューでは、セーフティボックスがない。とありますが、ボクの部屋にはありました。
普段、ホテルを予約する時は、朝食なしで予約する事が多いんですが、この部屋は朝食付き。
1Fにある明るいレストランでは、朝食は12:00まで食べられるので、朝ゆっくりして、昼食兼用でもいいですね。

299008_14041514310019078245.jpg


歩いて5分以内にはセントラルフェスティバル、パタヤ警察署、レンタルバイク、スーパーマーケットがあり、ビーチは2分で着きます。
セントラルフェスティバル、通称センタンに行けば、お土産、日本食レストラン、タイ飯フードコートがあります。
ホテルを出れば、すぐにビーチロードなので、ソンテウが次々に走っており、移動するにも不便することはありません。

特によかったのがプール
別棟のルーフにあり、ビーチに向かって遮るものがないので、パタヤサインまで眺めがよく、プールサイドのバーで、軽食でも取りながら優雅な時間が過ごせますね。

IMG_7328.JPG


IMG_7329.JPG


唯一、難点を言えば、部屋でのWiFiが有料で、150THB/1day 350THB/1week
ロビーエリアは無料です。

夜は正直言ってウルサイ!
soi8にはバービアやライブバーが軒を連ねていて、通りも深夜過ぎても大賑わい。
店が閉まった未明でも、酔っ払いの奇声や嬌声が聞こえてきます。
気になる方は安眠する事は出来ないでしょう。
夜、ゆっくりリラックスしたい方は、ビーチロードから離れた方がいいでしょうね。

他にもいろいろ泊まってみたいですが、定宿候補No1ですね!

(プール以外の写真はagodaからお借りしました。)







posted by フミオ at 00:00| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

パタヤ ビーチロードsoi8 イースティニーイン

空港からリムジンバスでパタヤに行ったのですが、間違ってスクンビット通りとセントラルロードの角で降りてしまいました!
早速ピンチです。ホテルまで2キロ以上あります!しかもソンテウやタクシーが通る気しない。
スーツケースを抱え途方に暮れていた所、暇そうにしていたバイタクのおじさんにお願いして、
マイカーでホテルまで送ってもらいました。
もちろん有料で150THB+チップに50THB

IMG_6686.JPG


電話番号を聞いていたので、パタヤからバンコクに戻る時も、このおじさんに1,000THBで送ってもらいました。

IMG_6692.JPG


IMG_6747.JPG


初めてのパタヤ、ビーチリゾートです!
せっかくパタヤに行くなら、ホテルはオーシャンビューの部屋がいいと思い、
イースティニーインの少しいい部屋にしました。少しいいと言っても1泊4,000円弱でした。

IMG_6695.JPG


部屋の方は予定どおり眺めのいいオーシャンビュー。
真下にはホテルのプールやバービア群の屋根が見えています。
施設は古いけど、掃除も行き届いているし、シャワーも申し分ありませんね。

IMG_6696.JPG


場所はビーチロードsoi8で、周りはバービアやライブバーなど、深夜まで大賑わいの通りです。
パタヤビーチまで徒歩3分くらい。反対側のセカンドロードには5分くらい。
ビーチロードには天秤棒のソムタム売りもいて、ウォーキングストリートに近くなるにつれ40→50THBと上がっていきます。
味も作っている人それぞれ、おばちゃんが作ってくれたのが美味しかったなー。

IMG_6759.JPG


IMG_6768.JPG


soi8の中には洗濯屋やマッサージやコンビニにATMもあり、とても便利でしたね。
夜も何往復もしますが、オカマのバービア嬢に袖を引かれて大変でした!

IMG_0110.JPG












昨年、福岡にミールス旋風を巻き起こした第一人者
中間のKALA
が満を持して、大正通りの赤坂側路地裏にセカンドブランド店
Spice lab.Boooostをオープンさせるそうです。

2D81F4E6-9F4E-4AE8-9030-D692E673A6DD.jpg


2月10日〜2月14日の5日間FacebookのSpice lab.Boooostにいいね!した人はなんと無料
いいね!してない人は100円のイベントを行うそうです。


オープン日 2月10日水曜日11:00〜

内容はまだ未定ですので、近くなりましたらFacebookページをご確認下さい。


関連ランキング:インドカレー | 赤坂駅薬院大通駅西鉄福岡駅(天神)



posted by フミオ at 00:00| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

スクンビットsoi11 アンバサダーホテルバンコク

タイ語で大きな通りはタノンと言います。
そこから入る脇道はソイと言います 。
スクンビット通りから、soi11を北に入ると右側に見える大きなホテルがアンバサダーホテルです。

20DB3441-6B18-46EA-BDD8-628FF62E1520.jpg

soi11には各ATM、コンビニ、雑貨屋、床屋、洗濯屋、レストランから屋台飯まで何でもあり、徒歩圏にはBTSナナ駅もすぐだし、徒歩15分位でBTSアソーク駅まで行けば、ターミナル21と言うショッピングモールやロビンソンと言うデパートもあります。

BTSアソーク駅はターミナル21を介しMRT(地下鉄)スクンビット駅と連絡しているので、行動半径がかなり広がりますね。

ホテルの方はかなり大きく、レセプションも広いですが、対応するスタッフが少ないので、チェックインもチェックアウトも、タイミングが悪ければかなり待たされますね。

37CE3DFF-6EB1-420D-93AF-A643184578DE.jpg

スクンビットの奇数筋はアラブ人街があるので、宿泊客はインド人やアラブ人が多いですね。

お部屋の方は旧館でしたが、部屋は清潔だし、シャワーもバスタブがあり、湯量温度共に良好でした。
1Fにはちょっと高級なスーパーもあります。

ホテル自体のハード面には不満はありませんが、セーフティボックスの電池が切れていて、交換を頼んでも40分くらい待たされたり、チェックアウト時にフロントで待たされたりと、マンパワーが足りない部分は感じました。

写真がないので、アゴダで検索して見てください。



ベルキャプテンにスワンナプーム空港までタクシーを頼むと、ホテルの黒塗りカムリで700THB取られました。
たぶんホテルの車を勝手に使ったバイトでしょうね。
soi11からならメーターで走れば、高速込みで500THB弱です。
個人的には立地がいいので、定宿にしてもいいかなって感じです。

ホテルの地下にはエキサイティングなディスコが朝方まで盛り上がってます。


昨年、福岡にミールス旋風を巻き起こした第一人者
中間のKALA
が満を持して、大正通りの赤坂側路地裏にセカンドブランド店
Spice lab.Boooostをオープンさせるそうです。

2D81F4E6-9F4E-4AE8-9030-D692E673A6DD.jpg


2月10日〜2月14日の5日間FacebookのSpice lab.Boooostにいいね!した人はなんと無料
いいね!してない人は100円のイベントを行うそうです。


オープン日 2月10日水曜日11:00〜

内容はまだ未定ですので、近くなりましたらFacebookページをご確認下さい。


関連ランキング:インドカレー | 赤坂駅薬院大通駅西鉄福岡駅(天神)











posted by フミオ at 00:00| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

スクンビットsoi5 エバーリッチホテル

スクンビットsoi5とsoi7の間にあり、すぐ隣は7イレブンでBTSナナ駅までは、
歩いて2分くらいの賑やかな立地。

soi(ソイ)とはThanon(大通り)から入る路地のことです。
スクンビット通りはバンコクを東西に走っていて、通りの北側にsoiの奇数筋、南側に偶数筋と分かれています。
奇数筋はアラブ人街が多く、奇数筋は外国人居住区が多いです。
ホテルも偶数筋の方が立派なのが多いし、奇数筋は安宿が多いです。

この辺りのスクンビット通りの北側にある奇数路地筋にアラブ人街があり、本格インド料理を楽しめるレストランがたくさんありますし、屋台飯も多数あり、夜になれば歩道は路上barや出店が出現し、かなり賑やかな通りです。
ゲスい歓楽街もナナ駅とアソーク駅の各駅近くに2箇所あり、夜遊び観光客にはもってこいのホテルですね。

ボクが予約した部屋は窓がないスタジオタイプ。
シャワーは水の出が悪く、温度も熱い湯を浴びないタイ人温度設定
3,000円代と安い値段で泊めてもらってるの仕方ありませんが、フロントの女子スタッフにダメ元で交渉したところ、窓付きで広い部屋に無料でアップグレードしていただきました。

IMG_5778.JPG


次泊まるか?と聞かれれば、他にも良さげなホテルがあるので微妙ですが、
リストに入れておいてもいいと思います。

ホテルの近くのインド料理店で食べたドーサがめっちゃ美味しかった!

IMG_5781.JPG



昨年、福岡にミールス旋風を巻き起こした第一人者
中間のKALA
が満を持して、大正通りの赤坂側路地裏にセカンドブランド店
Spice lab.Boooostをオープンさせるそうです。

2D81F4E6-9F4E-4AE8-9030-D692E673A6DD.jpg


2月10日〜2月14日の5日間FacebookのSpice lab.Boooostにいいね!した人はなんと無料
いいね!してない人は100円のイベントを行うそうです。


オープン日 2月10日水曜日11:00〜

内容はまだ未定ですので、近くなりましたらFacebookページをご確認下さい。


関連ランキング:インドカレー | 赤坂駅薬院大通駅西鉄福岡駅(天神)











posted by フミオ at 00:00| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

チェンマイ ポーンピンタワーホテル

二度目のチェンマイでのホテル。
ナイトバザールエリアにあるホテルで、建物はかなり古いです。
空港からナイトバザール行きのソンテウに乗ると、ホテルの前まで連れて行ってくれました。
そう言う時は多少のチップは弾みましょう。

新館と旧館があるようですが、ボクが泊まった部屋はプロモーション価格の部屋で旧館の中層階。
エレベーターを降りた後は、増築を重ねたような迷路を通って部屋に到着。
部屋にはバスタブがあり、白を基調とした部屋は清潔で明るい。

IMG_5477.JPG


窓からの眺望もいいし、サービスも良い。
歩いていける範囲に、ナイトバザールやムエタイ観戦できるロクロイ通りも近い。

IMG_5479.JPG


IMG_5480.JPG


とても便利だったのは、ホテルの中にレンタルバイクのコーナーがある事で、
24時間で150THBとデポジットに1,000THBが必要です。

チェンマイは広い街ではありませんが、交通の足がトゥクトゥクか乗り合いバスのソンテウが主。
街は一辺が1.6キロの城壁に囲まれた四角の街なので、ざくっと道を覚えれば簡単にあちこち行けますね。

IMG_5502.JPG


一つ注意しなければならないのは、チェンマイの信号は赤でも来てなければ・・・行く。
大きな交差点は信号を守っていますが、左折の場合は赤でも曲がっていきますね。

あと、バイクが馬力がある割には、タイヤが細く安定感が悪い事と、ガソリンがあまり入らないのです。
注意しとかないと、すぐにガス欠ですね。

チェンマイっ子は二人乗り三人乗りは当たり前。
4人乗りもよく見かけました。
しかもノーヘルで。

ボクも十代の頃を思い出し、ノーヘルで走り回っていましたが、
ある夜、ターペーゲートの向かいのマックの前で検問をやっており、200THBの賄賂を不良警官に払って勘弁してもらいました。
ちなみにこの場所はいつも検問やってます。

それとホテルの地下には、バブルと言うクレージーなクラブがあり、毎夜明け方まで盛り上がってます。







posted by フミオ at 00:00| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

カオサンロード カオサンパレスホテル

バックパッカーの聖地カオサンロードでパレスと言う名のホテル。
ボクはゲストハウスはあまり好きではありません。
と言うか、泊まった事がありません。
セキュリティーに気を使わないといけないし、ドミトリーとか人と相部屋は友達でもご勘弁。
一人でリラックスしたいし、トイレやシャワーも気兼ねなく使いたいですからね。

ホテルを選ぶ時は、なるべくプールがあるホテルを選びます。
何故ならおプールがあるホテルは、それなりにお金がかかっていて、施設が悪いと言う事はあまりないからです。

IMG_5447.JPG


友達からは「バックパッカーじゃないんだから、もっといいとこに泊まればぁ〜」と
言われましたが、カオサンにもいいホテルはたくさんあるんですよ。

フロントスタッフは、フレンドリーで施設も古いけど清潔やし、申し分ありません。
カオサンロードに面しているので、買い物、食事と何をするにも便利です。

シャワーは瞬間湯沸かし器のタイプ。
湯量も温度もしっかりあるので、下手な給湯施設よりいいですね。

IMG_5402.JPG


部屋は、窓を開けてもすぐ隣の建物なので、薄暗い感じはしますが、
プロモーション価格で4,000円弱だったので仕方ありませんね。

IMG_5403.JPG


IMG_5401.JPG


眠らない街、カオサン。

IMG_5400.JPG





posted by フミオ at 00:00| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

サムヤーン マンダリンホテル マネージドバイ センターポイントグループ

元のマンダリンホテルでしょうか?
運営はタイ王国ホテル運営の老舗センターポイントグループが担っているようで、箱は元マンダリンホテル、サービスは地元でも高評価のセンターポイントグループなので申し分ありませんね。
しかも宿泊料金はかなり熟れた感じで、今回は70%OFFのプロモーション価格を見つける事が出来ました。
シーズナリティーがあるので、試しに検索して下さい。




立地はMRTサムヤーン駅のすぐ近くで、シーロム、サイアム、アソーク、ヤワラート、カオサンとどこに行くにも便利ですね。
サムヤーン駅に連結しているチャムチュリースクエアーの中には、日本人にも人気のシーフードレストランSomboom seafood Sam yanがあります。
Somboom seafoodはバンコク市内数店あり、どこも行列ができるほどの人気ですが、サムヤーン店はいつもなぜか空いていて、ゆっくりと食事する事ができます。

お部屋の方はプロモーション価格だったので低層階でしたが、白を基調とした清潔な感じで、何一つ文句の付け所がありませんでした。

深夜は中国人観光客のチェックインがあり、フロントは大賑わいでしたが、部屋に入るとうるさい事はありません。
posted by フミオ at 01:29| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

カオサンロード ダンドゥームホテル(Dang Derm Hotel)

カオサンロードのど真ん中にあります。

1階の出入り口付近には、セキュリティーがいて、警備をしてくれてます。
エスカレーターで上った二階にレセプションがあり、同じ階にはツアーデスクもあります。
屋上には見晴らしの良いプールもあり、広々してるしデッキチェアーもたくさんあるので、日差しの強い午後はまったりするには最高の場所です。
PA261157.JPG


PA261163.JPG

さて、部屋の方ですが、小さなバルコニー付きのダブルのお部屋。
バスタブはありませんが、広々しているので、トイレにシャワーがかからず、気持ちよく過ごせます。
しかし、シャワーの水がトイレの足元に流れて来るのは、タイのホテルの仕様なので仕方ありません。

PA251125.JPG


PA251127.JPG


部屋によりけりでしょうが、ボクの部屋は近所のクラブの音楽が明け方まで聞こえてました。
それと寝る時には、消していいほどエアコンがガンガン効くのも、タイのホテルの仕様です。

建物は古いけど、部屋は清潔で過ごしやすいし、なんと言っても立地が最高ですね。
ホテルから一歩出れば、カオサンなんで、必要なものはすぐに手に入ります。




posted by フミオ at 19:21| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンマイ TJR ブティック ハウス (TJR Boutique House)

ターペー門から旧市街に入って路地裏を奥に入ったところ。

PA220402.JPG


途中にあるイサーン料理食堂はかなりのお勧め。

PA210347.JPG


PA210354.JPG


ホテルの部屋はどちらかと言えば、カップルや女の子同士にお勧めのアンティークなオシャレな感じ。
部屋にはミニキッチンもあり料理も出来ますが、外で食べた方がコストは圧倒的に安いと思います。
PA210334.JPG

PA210335.JPG


PA210336.JPG

IMG_2453.JPG

スタッフも皆、フレンドリーで明るく親切。
バンコクあたりの安ホテルのフロントは、意味なくツンツンしている人がいますからねー。

周りは安いゲストハウスも多いので、当然全体的な生活費も安い。
週末に泊まるなら、サンデーマケットが催されるので、遊びに行くにはちょうどいい立地でしょう。





posted by フミオ at 05:00| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

チェンマイ イムホテル(Imm Thaphae Chiang mai Hotel)

初めてタイに行った時に泊まったホテルです。
北の薔薇を称されるチェンマイは、タイ王国第二の都市として栄え、一辺を約1.5キロのほぼ正方形の城壁に囲まれた旧市街地を持つ街です。
スクリーンショット 2016-01-05 22.30.50.png

ホテルの場所はターペー門の東側のマクドナルドがある建物です。
D8205086-A206-450F-96F9-320B0C2CA950.jpg

旧市街地に歩いて行くには便利だし、日曜日にはすぐ近くで、巨大なサンデーマーケットも開催され、
そちら方面を楽しむにはとても便利です。
サンデーマーケットは道路を封鎖して催され、ものすごい人出なので、歩き疲れるとホテルに帰るのも大変です。

それに徒歩圏にローカルの食堂がたくさんあるので、安く食べるには便利だと思います。
チェンマイに行かれたら、是非体験してほしいSegwayツアーのオフィスもすぐ近くです。

大きな難点を言えば、館内にエレベーターが・・・ない。
これは致命的です。
笑うしかありませんね!
14C5FA02-AD35-48B2-810F-7AAF2DCC6695.jpg

キャスター付きのスーツケースなどは、階段に後から設えられたスロープを、押して上がらなければなりません。
しかもベルホップのサービスがありません。
3EBA298C-74BC-4D90-9B00-889111041844.jpg

部屋は清潔に保たれていますが、隅をよく見れば小さなアリがいます。
コーラの飲み残しをテーブルに置いていたら、翌朝はすごい数のアリがたかってました!
これはタイのホテルでは、仕様なんでマイペンライですね!

シャワーは水圧もあるし、温度もあるけど、バスタブはありません。
朝食付きでしたが、味は可もなく不可もなく、品数は豊富でしたが、追加は少なく、早めに行く事をお勧めします。
0BF00BBE-F549-4C21-94B2-EF0E42F73C0C.jpg

料金はシーズナリティで変わるので、何とも言えませんが、宿泊した2012年10月に比べ、現在は1000円位上がっているようですね。
これはイムホテルに限らず、タイ全土のインフレによるものと思われます。


なぜ?このホテルを選んだのか。今になってはわかりません(笑)
定宿にはできないけど、覚えておいてもいいとは思います。



posted by フミオ at 10:39| Thaiのホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。