カテゴリー

2012年09月02日

アルファード

愛車を手放した。
約7年で20万キロいろいろな所へ連れて行ってくれた。
IMG_3778.jpg

ボクは、物には情をかけないようにしているが、長年連れ添ったつれ合いとの別れのようだ。
くず鉄のような金額で下取られ、見知らぬ誰かに粗末にされるなら、いっその事どこか遠くへ処分したかった。
お別れだ。ナビゲーションのメモリーは音楽データ以外全て削除した。

10万キロを超えて以降、ハイブリッド関係の故障が続き、13万キロハイブリッド基幹部分交換、17万キロ再度ハイブリッド基幹部分とその周辺部品を交換。
ディーラーでも、根本的な原因がつかめないようで、全て走行距離のせいにされた。
ありがたい事に、30万〜60万円かかるハイブリッド基幹部分の交換費用は、保証で何とかサービスしてもらった。
が、3度目は実費と言われ、春から故障の予兆が現れた。
この年に車検、タイヤ交換など入れると、90万を超える費用がかかりそうだ。

次のオーナーさんは車関係の方で、故障の事も踏まえ
「車を見れば、その人が解る。フミオちゃんが大事に乗ってきた気持ちを、引き継ぎたい。
それに故障もフミオちゃんが修理に出すのと、俺たちとではわけが違うけん。」と、
好条件で買い取って頂けた。
230号の余生は、新たなオーナーさんの元で、健やかに過ごしてほしい。



posted by フミオ at 16:09| Comment(2) | TrackBack(0) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

ウォーターポンプ交換

いつもの通勤路を走行していると、メーターパネルにハイブリッドシステム異常の警告灯が点灯した。
PC039482.JPG

ディーラーで点検してもらうと、インバーターを冷却しているウォーターポンプの故障だそうだ。
このポンプは電気式で回っているらしく、消耗品に値するそうだ。
今回、13,000キロオーバー。費用は3万円弱やったけど、保障が付くしプランに加入していたので無料だった。ラッキー。
ハイブリッド乗りの皆さん、ご注意召されよ。
posted by フミオ at 01:07| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

ハイブリッド駆動用バッテリー交換・・・その後

九月末にハイブリッド駆動用バッテリーを交換した。
作業時間は約8時間。朝、預けて、夕方引取りなので、代車をお願いしておいた。
代車はイスト。贅沢は言えませんが、もうちょっといい車を代車にしてもらえませんかねぇ。
せめてマーク]とか。

うっかり交換前の画像を無くしてしまったけど、交換前に試走して出した数字は、満タン後エアコンなし一般道5k走行後、都市高速を粕屋から姪浜までレーダークルーズ60km設定で23k走り、リッター当り12.8kだった。
その当時、街乗りに至ってはリッター10kくらい。

それが交換後にまったく同じ条件で試走してみると・・・
2008_1016_145017AA.JPG

なんとリッター20.3k!!しかも充電ほとんどなし。
すごくないですか?すごいと思いますよ!!
ほとんど新車に戻った感じ。ちなみに隣の14.5k/Lってのは試走を気にせずに、街中を適当に走った時のデータ。
体感的には低速トルクの力強さが明らかに違う。

ディーラーの人に「納車時のバッテリーと今回交換したバッテリーでは、容量とか出力とか変わったところはあるんですか?」と聞いてみたけど、特に変更はないらしい。
実費で交換したら25〜30万の間らしい。
posted by フミオ at 00:00| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

ハイブリッド駆動用バッテリー交換

ハイブリッドに乗っていて、頭を痛めるのは、いつかやってくるであろう・・・駆動用バッテリーの交換。
(ハイブリッド車には、アクセサリー用バッテリーと駆動用バッテリーがあります。)
続きを読む
posted by フミオ at 00:00| 福岡 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

アルファード・ハイブリッドの燃費のその後

納車後2年と3ヶ月を過ぎて走行距離はすでに8万qを越えた。
タイヤは2本づつ2回交換した。1本20,000円弱するので結構な痛手。
燃費の方は実測で12km/L前後だったのが、ここ最近10km/Lくらいに落ち込んでしまった・・・。

あらま・・・走行距離も伸びてきたので、駆動用バッテリーのメモリー効果が出てきたのかな?と思ったけど、タイヤの空気圧を計ってみると4本とも適正よりも20%ほど少なかった。

適正に戻してみると、燃費もほぼ元通り。ヨカッタ、ヨカッタ。
高燃費を狙うハイブリッド乗りは、空気圧を20%以上余計に入れるツワモノもいるそうだ。

結局、自分のメンテナンスが悪いっちゃーーん。

今年、車検やけど、どうやらタイミングベルトの交換とかなさりそう。
トホホ。

と、ここまで書いて、久々に検索してみたら、アルハイ、生産終了したそうですね。
複雑な心境です。
posted by フミオ at 00:56| 福岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

燃費マネージャー 取り付け編

ボクの車にはタコメーターとエンジン水温計が付いてないので、燃費マネージャー
なるものを付けてみた。
そもそも燃費マネージャー(以下燃マ)は、車の故障診断コネクターに接続するもので、
コンピューターと連動していて、正確な燃費や燃料使用量や水温やエンジンの回転がわかる。

2006_0319_125628AA.JPG
後日、取り付け位置をココより左下に変えた。


アルファード・ハイブリッドにはメーター内に瞬間燃費計と、ナビシステムの画面には
過去30分の通算燃費が表示されるけど、これがどれだけ正確な値を示しているかは
わからない。(燃マ装着後、かなり正確な数値と解る)

暇な時にオークションをぶらついていると、燃マが出品されているのを見つけた。
金額は26,100円だった。
どうやら最新機種の新品みたいで、普通に買うよりも5,000円は安い。
「ダメだったらすぐに転売すればいいや」と落札する。

数日待って届いた燃費マネージャーを取り付けてみる事にした。
普通の車には運転席足元付近にあるコネクターのポン付けでいいようやけど、
ハイブリッド車のような特定車種は外部起動配線を作らないといけないようだ。

うーん・・・面倒臭い。

試しに通常の取り付け方法で付けてみたけど動かない。
やはり説明書にある外部起動配線をイグニッションから取らないといけないようだ。

イグニッションとはキーを挿して最初に回して通電するのがアクセサリー(ACC)
その次に回して通電するのがONと表記してあるイグニッション(IGN)
で、その次がセルモーターを回すスターターだ。

外部起動配線をどこから引っ張り出すか・・・。
配線図もないのに適当につなぐわけには・・・いかん。
やはりこう言うのは手っ取り早くヒューズボックスからに限るかのう。
と、エンジンルーム、助手席側 とヒューズを見てみるが、どれがIGNなのかが解らない。

いろいろ試行錯誤してみると、どうやら運転席側のヒューズボックスにある
ワイパーのヒューズが良さそうなので取り付ける。
キーをIGNまで回してみると・・・おうおう、ちゃんと起動しよるがな。

それから燃マの初期設定を終わらせて試運転に出てみる。
posted by フミオ at 04:07| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

ガラスコーティング

前に乗っていたシャリオグランディスには、都市高速で前を走っているトラックから
落ちたドライブシャフトが当たり、危うく死に掛かる事故のオマケでダイナミナクルコートをしてもらった。
いわゆるポリマーだ。これが2年たっても結構な撥水力を保っていた。

こりゃ新しく車を買ってもコーティングする価値ありだな。と思いボディコートの勉強を始める。
ポリマーは5年間ノーワックスを売りにしているが、1年目と5年目の劣化の差を
考えると5年持つとは信じがたい。ディーラーで推奨しているCPCポリマーってのも、
定期的に自分でメンテナンスをしないといけないので面倒臭い。

ボクの理想はメンテナンスフリーで、長期間に渡りボディの輝きを維持したいのだ。
いろいろネットで調べていると、ガラスコーティングと言うのに行き当たった。
ガラスコーティング・・・存在は知っていたけど、何せ高価なものなので今までは
目にも止めなかった。しかーーし、ボクには国からのハイブリッド助成金22万円があるのだ。

ネットでガラスコーティングをしてくれる所を探したが、
そんなにたくさんの業者があるわけではないようだ。
しかも値段がアルファードのような大型車になると10万近くはかかる。
それに中には3ヶ月に一度は18,000円のメンテナンスを施工しないといけない業者もあるようだ。
そこで行きついたのはアークバリア21

とりあえず東比恵にある工場を尋ねてみると、本業はどうやら車のガラス屋さんのようだ。
そこでいろいろ説明を受けるなかで「もし水玉が転がるような撥水力を望んでおられるのなら、
アークバリア21は止めた方がいいですよ」と言われた。

洗車後のボディを転がる水滴を期待するなら、
絶対的に撥水性ワックスの方がいいけど、それだと厳密に言うと流れる水と共に
ワックスも流れ落ちていくので長期的な効果は期待できない。
ここで言う撥水力と塗膜の保護とは意味合いがかなり違うようだ。

撥水力はまったくない訳ではないけど、ガラスコーティングは撥水力と言うよりも、
塗膜の保護と言う意味合いが強い。
車の塗装面を拡大してみて見ると、スポンジの表面のようにミクロ単位の穴ボコだらけで、
その穴ボコにガラス溶剤が食い込んで、表面に1ミクロン程度の皮膜を作り
塗膜を保護するというのだ。
しかも施工後の洗車は輝きだけを追求するコンパウンド入りのワックスは、
かえって色がくすむので水洗い洗車だけでよろしいとの事。

金額にして75,000円。安くはないけど、屋根に手が届かないほどの車高なので、
洗車の手間を考えるといたしかたない。

施工後4ヶ月たったけど、雨が降った時の撥水はワックスをかけているかのごとく、
雨水がコロコロと落ちていくし、洗車も言われたとおりに水洗いのみを洗車機でかけている。
車体の輝きも去る事ながら、ともかく汚れが落ちやすい。
高速走行時の虫の死骸も擦らずに落ちるし、フェンダー付近のピッチやタール汚れも簡単に落ちる。

初期投資は高いけど長く乗る車なら費用対効果は十分にアリだな。
posted by フミオ at 10:08| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

TERZO AXLER

車を買い替えたらスキーキャリアが合わなくなった。
車が大きくなったので車内に入れて持って行けるかと思ったけど、
スノーボードを入れるとなるとかなりしんどい状態になりそうだ。

ボク的なスキーツアー美学は、車内では出来るだけ快適に行きたい。
荷物や衣服がゴチャゴチャした状態になるし、使用後のスキーやボードで車内を汚すのは
イヤなのだ。と、なると、
やはりスキーやボードは車外キャリアを付けて乗せて行くほかない。

しかしうちの駐車場の屋根と車の車高差は30センチもない。
こりゃかなり選択の幅が狭められるな。そこで考えたのがこんな感じの背面キャリア。
これなら車上高は考えずにすむ。
けど、ね、値段が・・・格安で探してもラダーとキャリアで60,000円は越える。
こりゃ予算オーバー。

で、いろいろ探した結果よさそうなのはTERZOのAXLERと言うキャリアだ。

これならスノーボードを重ねて積んでも、30度までは跳ね上げられるので、
下側になった板のビンディングが屋根に干渉せずにすむ。
経験者なら解るだろうが、これは搭載時間短縮させる為にかなり重要な事なのです。

しかもボードなら4台、スキーなら6台も搭載可能だ。
しかしこれまた値段が高い。ベース一体と言えども、どこのカーショップへ行っても店頭価格は21,000円弱だ。
これ以外にアタッチメントもいるのでそれが4,000円くらい。
となると、25,000円は・・・・ねぇ。

ほぼ諦めモードでも欲しい物リストの上位ランクに位置されたスキーキャリア。
暇さえあればネットオークションやネットショップをさ迷う毎日。
で、本日ちょっと外出したところ、何故か引き付けられる様に、
近くのオートバックスの駐車場へ吸い込まれる。そして足は勝手にスキーキャリーコーナーへ。

そこには憧れのTERZOのAXLERが・・・。ため息をつきつつ値段を見ると・・・???
ルーフオンタイプに10,000円の文字。しかも赤札だ。ありえーーんっ!!
よく見ると同じものでも、ルーフレールタイプには20,000円ちょっとの値段が付いている。
「こりゃ絶対に値札の付け間違いやな!!」と思いつつも、一応レジに持って行き聞いてみた。

「スミマセ〜ン、これ、10,000円って付いてるんですけどぉ・・・」と言ったつもりが、
横で聞いていた嫁さん曰く「これ、この値段でいいっちゃろ!!」とほぼ決めつけモード。
それを受けた女性店員さんは広告を見比べながら、後ろにいる偉そうな人に尋ねた後に
こう言った。

「ええと・・・この値段(10,000円)は旧モデルの広告価格でして・・・」
やっぱりそうやろ、値札の付け間違いやろ。と、思いながらも次の言葉は・・・
「付け間違ってますけど、これもこのお値段で結構ですよ。」

えぇーーーっ!!ブラッボォーーーッ!!いくら初売りと言えども、太っ腹すぎるぅ〜〜。

これはまさに夢か幻か?店員さんの気が変わらんうちに早く金を払ってしまわないかん。
早速、該当アタッチメントを出してもらい、合計14,000円弱を払ってご満悦で店を後にする。
一気にオートバックス熱がヒートアップ!!こりゃ物欲神がボクを導いたとしか思えんほどのお買い得品だ。これからカー用品は全てここで決まりや!!

ところでルーフレールタイプのスキーキャリア誰かいらん?
何にでも合うと思うけど。
posted by フミオ at 00:00| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

アルファード ハイブリッドの燃費

カタログによると10・15モードでの数値は17.5km/L
1リットルのガソリンで17.5km走るってことですな。
いろいろなサイトやフォーラムを見ていると走り方にもよるが、街乗りで12〜13q/Lくらいの
人が多いようだ。アルファードのガソリンタンクは満タンで70L入る。
今のボクの乗り方だと満タンで750q位は走る計算だ。

納車以降、何かと勉強する事が多いし、いろいろな走り方を試しているので、
高燃費走法はしてないのだ。
ハイブリッド車にはちょっとした走り方のコツがあって、
停車時から一気にガァーーッと加速して、目標スピードに達したらちょっとアクセルを緩めて、
またちょっと踏み込み巡航速度に乗せる。

するとモーターのアシストが始まり、エンジンがストップし、風を切る音だけで走り出す。
これが意外と微妙なタッチで、踏みすぎるとエンジンが回りだすし、踏まな過ぎると遅いし。
だから某フォーラムではアルハイ乗りの人を「黄金の右足」と呼んだりするらしい。
中には満タン70Lで1,000q走破した人もいるらしい。

エンジンは2.4Lで、2.5tの車体を動かすには、非力ではないかと懸念されているが、
乗ってみるとそんな事は微塵も感じさせる事なくスムーズに加速する。
しかもATギアをSモードにすると、ギア比が下がるのか?一般道では怖いくらいに
アクセルが敏感になる。それほどモーターの力が強いってことですよ。
ちなみにハリアーハイブリッドの加速力はポルシェカイエンと同等クラスらしい。

先日、福岡都市高速で60km定速走行をして燃費を図ってみた。

2005_1201_174750AA.JPG


ドライブコンピューターに表示された数値はなんと20km/Lですよ。
これは瞬間燃費ではなく、過去22分間の平均値だからすごいですよ。
しかも燃料はほぼ半分入っていてそれだけでも約30kgでしょ!!
これを半分以下の10Lくらいにして軽量化をすれば、理論上はもっと燃費は伸びるはず。
って言うか、80kg近くある、オマエが軽量化しろ!!って話しですよね!!
もうすぐ宮崎行きなので、その時にどれくらい走るのか(車がよ!!)楽しみだ。
posted by フミオ at 13:10| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

かーまっと工房

車体にマンションの頭金とも言えそうな、莫大な金額を使ってしまったので、
ディーラーオプションは出来るだけ安価に抑えたい。
車を買う際に必ずと言っていいほど、付けなきゃいけないのがフロアカーペット。
アルファードの場合ディーラーで頼んだら88,200円もする代物。

納車待ちの4ヶ月の間に、いかに安く上げるかは、考える時間がたっぷりあった。
ネットで調べたり電話をかけて、仕上がり具合や自信の程を聞いてみた結果、
カーペットを決めたのは「かーまっと工房」値段も格安で25,800円!!コリャー安いでしょ!!
決め手は電話で話した時の雰囲気と自身ありげな様子だ。

しかも困った事に、アルファードのカーペットは、はめ込み式で汚れたからと言って、
おいそれとは外せないのだ。「じゃ?どうすればいいと?」と営業マンに問うと、
「走るリビングだから汚れた靴では乗らない事ですよ」だって。ヘーヘーそうザンスか!!

いくらラグジュアリーだからと言っても、こちとらスキーにも行けば山にも行く。
時には土砂降りに降られ、車に雪崩れ込むように乗り込む時だってある。
そんな時に「靴を履き替えて乗って!!」とか「雪を払って乗れ!!」とか
すっごく言いたいけど・・・さすがに言えまい?!

ある程度は汚れてもいいように、自己防衛の策は取っとかないかん。
それに汚れたマットは外に出して、バンバンと叩いて掃除したいってのが、
人情ってもんですよ。

でも25,800円のマットなら物がよければ、もう1セット頼んで汚れてもいい様に、
上に2枚重ねて置いてもいい。

いよいよ車がディーラーに入庫するタイミングに、マットを送ってもらい装着してみる。
確かにシートレールの辺りは1cm弱をレール下にはめ込まないといけない。
こりゃ・・・外して掃除するなんて不可能ですばい。
全てはめ込み、時間にして20分くらいかな?意外と早く終わる事ができた。

色はブリリアントグレー。3rdシートを跳ね上げた状態。
ちなみにこれが最大バゲッジスペース。

2005_1125_094933AA.JPG


2005_1125_095025AA.JPG

2005_1125_095434AA.JPG


マット手前はぎっちりはめ込んであるが、運転席や助手席は小さいので、
外そうと思えばこれは簡単。

2005_1125_100126AA.JPG


毛足はこんな感じ。ディーラーの展示車のマットと比べてみたがまったく遜色なし。

2005_1125_100659AA.JPG


ちなみに一番最初に踏むステップ部分のエントランスマットは、
付いてないので自分でカットするかどうかして、対策を講じた方がよさそうだ。

2005_1125_095749AA.JPG


皆様、エントランスマットが付いた暁には、どうかエントランスマットで
靴底を拭いてお乗り下さいませ。
posted by フミオ at 00:00| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルファード オーナーズ クラブ in スペースワールド

目標体重:70.0kg
目標までの残り:-9.6kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:79.6kg
体脂肪率:26.0%
BMI:30.3
食事
朝食
サンドイッチ
昼食
忙しいので食べる時間なし。昨夜きよちゃんに買ってもらった(情けない)甘納豆を摘みながら北九州に向かう。
夕食
昼もまともに食べてないし、アルファードのオフ会で、完全に体が冷え切り、気分的にはアツアツのうどんでも啜りたい。って事で、この辺(八幡)でうどんと言えば「うどんのまさ」でしょう。ここしか思いつかんのだけどね。この店はすぐ近くから立ち退きで移転してきた店で当時はもっと少ない席数しかなかった。しかもある事情があってボクにとっては鬼門なのだ。頼んだうどんは山かけ肉ゴボウうどん。ここのうどんにはデフォルトでワカメが一面に入っているのでこれでかなりの具沢山。スメの上の方は具のせいでぬるくなるのはご愛嬌。久々にこの地にまつわる人々を思い出す懐かしい味でした。
2005_1204_155713AA.JPG
2005_1204_160118AA.JPG
おやつ
画像を見ながら更新してたら変な皿の画像。ギャーーッ!! 北九州から帰ってきて休む間もなく、閉店間際の三越デパ地下にいいもの探しに出かけ、PAULでパンを買った帰りに小腹が空いたのですし大臣で寿司を摘んだのだったよ。しかもちょこっと摘むつもりが思いがけずガッツリいってしまった↓フルマラソンなのに・・・。ほとんど僕一人で約3000円
2005_1204_205839AA.JPG
アルファードを買おうと決めた時から見てきたホームページの一つ
takeの映画部屋&アルちゃんの部屋
ここではアルファード乗りのオヤジならぬコヤジ達が、無謀な自己カスタムなどを繰り広げ、
情報を交換し合っている。特に掲示板では、takeさんがDIYでのLEDなどの配線などを、
親切に教えてくれる。当然オフ会も頻繁に行われ、今月はスペースワールドの駐車場を借りて、
スペースワールドやネッツトヨタ北九州の協賛で催された。

小さなオフ会はちょこちょこ合っていたけど、納車前から勉強したい事があり、
参加しようと思っていたが予定が合わずに野に吠えていた。
で、今月は第一日曜に開催。毎月第一日曜は絶対に外せない仕事ではあるが、終わった後に
会場に駆けつける事にする。

何とか仕事を早めに切り上げ、スペースワールドの駐車場にたどり着いたのは14:30過ぎ。
11:00から始まっていた会はすでに終盤モード。
しかも今年一番の寒波が入り、車の外気温は5℃
車を降りて挨拶しようにも高架下ではあるが、冷たい雨が強風に煽られ、
横から殴りつけるように降り注ぐ。

とりあえず記念撮影だけはちゃっかり収まり、他のオーナーさんの車をちょこっとだけ
見せてもらう。ローダウンありLEDありエアロありでみなさんすごいっすよ。

2005_1204_143933AA.JPG

もうずぅーーっと向こうまでアルファード。確か20台くらいって言われてた。


会場もおでんや串焼きの振る舞いもあった様子。
ボクもハイブリットの機能である1500Wを見せつけようと消費電力1000Wの
エスプレッソマシンとカプチーノやココアを出せる一式を持っていってたけど、
この荒天じゃ出せる状況でもないし・・・。
寒さと吹きすさぶ雨に耐えつつも小一時間でギブアップ。
最後に残ってらっしゃった幹事グループに挨拶し帰路に着く。

2005_1204_213459AA.JPG


人気blogランキング
posted by フミオ at 00:00| 福岡 ⛄| 普通普通| Comment(4) | TrackBack(1) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

シートカバー spycy tune.

アルファードを買わずに、以前乗っていたシャリオ・グランディスを乗り続けるのであれば、
内装をイメチェン(死後?)しようと調べていた会社spycy tune.
HPで見る限りではかなりの高級感を醸し出している。

アルファードのシートにはそれなりの上質な素材を使われているが、
10年くらいは乗るつもりなので、万が一シートを汚しては取り返しが付かない。

汚れ防止の意味と一見本皮シート+一部バックスキンでハッタリも十分かな?

2005_1125_100633AA.JPG


値段は57,750円。まぁそれくらいはするだろう。
ちなみに半年後には22万円のハイブリッド助成金が国から支給される。

そもそも126,000円もするディーラーオプションが高すぎるのだ。
アルファードの納車に合わせて電話で問合せると納期3週間との事。
「作っても作っても追いつかない」状態らしい。

結局ネットを介して注文すると1週間で納品となった。
しかも特別にアニバーサリー仕様ってヤツだ。

で、納車後数時間で装着できるのか?と踏んでいたが、説明書を見るとかなり難解な様子。
「こりゃ・・・時間をじっくりかけて、せないかんばい。」

そしてある日の夜、初めは2時間ほどかけて、下調べをしてとりあえず仮眠する。
ボクは集中して仕事をする時は深夜にする事に決めているのだ。
800Wのハロゲン投光器を携え、近くのモールの駐車場で作業を始める。

何に苦労したかと言うと運転席と助手席の座面フィッティングだ。
簡単装着とあるものの座席の下回りはバラさないかんでしょ?
しかも運転席はパワーシートなので、スイッチ類もバラさないかん。

2005_1129_142556AA.JPG


これは前席後ろの処理の仕方。
座面、背もたれ、個々に包み込み強力マジックテープで止める。

2005_1125_100333AA.JPG


その次に大変だったのは運転席と助手席の間にある肘掛。


2005_1129_142513AA.JPG


これだけでたっぷり2時間弱はかかったのだ。
被せるとかではなく、裏側をバラして裾を入れ込んで、分厚いシートで内装が浮いた分を
抑え込んでネジ止めしないといけないのだ。得に角の部分は大変ですよぉ。

2005_1129_142438AA.JPG


角でしわを誤魔化さないとといけないし、ノーマルの状態はこんなシートを被せるなんか
想定されてないので余計なマージンは取ってないし。
でも何とかやり遂げるとかなりいい感じですな。

さてさて部品的に一番大きいのは2ndシート。
しかも背もたれには収納テーブル付きのボードがはめ込んであるがな。
「コレ外すの?どこから?どこにネジがあると?」と1stシートが終了し、
脳内にはドーパミンが分泌されナチュラルハイな状態だ。

2005_1125_095247AA.JPG


ところでタイヤのパンク修理はしたことありますか?
実はボクの実家は自転車修理販売を生業とし、小学高学年からパンク修理などをして、
お客さんからお金を取っていた勤労児童だったのです。
だから一応それなりのノウハウはあるつもりなんですが、それがこんな所で生かされようとは
思いもしませんでしたよ。

この背面にあるボードがホイールとして周りのカバーがタイヤです。
カバーの裾をボードの内側に押し込みながら被せて、最後の20cm位に至っては
破れるか破れないかのギリギリまで引っ張っての装着でした。

2005_1125_095655AA.JPG


難解な2nd列肘掛も何とかクリアーして最終面の3nd列。
これは今までの経験を持って挑めば至って簡単。
面倒なバラしもないし、強烈なフィッティングもないし、ましてや3ndは跳ね上げ式なので
かえって作業はしやすい。

2005_1125_095506AA.JPG


延べ約10時間。当然下調べの時間も入っているが実質かかったのは6時間。
しかも作業終了後は手が浮腫みあがり、握力が出ない状態ですよ。
spycy tune.は車両持込みであれば、装着してくれるらしいけど、3時間で1万円のお値段。

持って行けるのであれば、間違えなく頼んだほうが得策。
しかも説明書には3ndシートから取り付けた方が楽と書いてあるが、
作業が難解な1stが後回しになると、モチベーションが下がり途中で投げ出す事間違いなし。
かえって難しい1stシートからやってよかったですよ。
posted by フミオ at 14:38| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | アルファード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする